北国街道巡り
めぐる SIGHTSEEING
野々市市白山市川北町能美市小松市加賀市

北国街道巡り

「北国街道」は、加賀の國、そして金沢を貫き、上方(京都・大坂)方面、江戸方面へとつながる街道です。街道をテーマにした「ウォーキング版」「ドライブ版」の広域パンフレットを手に、歴史を感じながら街道巡りを楽しみませんか。

「北国上街道をあるく」(ウォーキング版)

現在の滋賀県から長野県までを結んだ旧北国街道。
江戸時代の加賀の国では、北国街道の中でも金沢城から京都までを上街道、越後を通って江戸までを下街道と呼んでいました。
今も宿場のあった町や沿道には町家や寺社など、当時を偲ぶ跡が残っています。金沢城から加賀市の大聖寺まで約55 ㎞にわたる北国上街道を、霊峰白山の眺望も楽しみながら、気軽に歩けるパンフレットとなっています。

パンフ『北国上街道をあるく』

「加賀の街道を旅しよう」(ドライブ版)

北国街道には各地の宿場町の面影があり、北前船の寄港地も多く、史跡や言い伝えも数多く残ります。

そして白山街道は、白山比咩神社を中心とした白山信仰に使われ、霊峰白山の山頂へと続いています。

これらの街道沿いには歴史の遺産のほか、新幹線車両所や九谷焼、昆虫館、動物園など、魅力がいっぱいです。加賀の街道をドライブしながら、周辺スポットを楽しめるパンフレットとなっています。

パンフ『加賀の街道を旅しよう』

    PAGETOP